レバラン休暇を楽しむ 首都圏の生活情報 (2017年06月24日)

Share (facebook)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 レバラン(断食月明け大祭)の帰省シーズンがやってきた。首都圏で連休を過ごすという読者もいるだろう。安全に休暇を楽しむための、レジャー、買い物や医療情報などをまとめた。

■テーマパーク

 北ジャカルタのアンチョール公園、 東ジャカルタのテーマパーク、タマン・ミニ・インドネシア・インダ(TMII)、南ジャカルタのラグナン動物園、西ジャワ州ボゴールのタマンサファリ、ボゴール植物園、ジャングルウオーターパークなどは通常営業している。
 アンチョール公園では7月2日(日)まで音楽やグルメ、子ども向けのイベントが開かれている。
 タマンミニはブドゥッグ(太鼓)のパレードや音楽や舞踊パフォーマンス、物産展などを9日(日)まで開催している。入場券はレバラン価格で1人1万5千ルピア。
 ジャングルウオーターパークは2日(日)まで、入場券を割引価格の1人9万9千ルピアで販売。アクロバットサーカスなどさまざまな催しを開いている。

■スーパー・モール

◆日本食スーパー
 パパイヤは、中央ジャカルタのシティウオーク店が24日(土)午後8時に閉店、25日(日)は休業し、26日(月)は午後10時に閉店。
 その他の4店舗は24日は午後7時に閉店、25日(日)と26日(月)は休業。27日(火)から全店通常営業。
 コスモは、24日(土)午後9時に閉店。25日(日)と26日(月)は休業。27日(火)から通常営業。
◆モール
 主要なモールは休業なく、25日(日)のみ短縮営業。26日(月)から通常営業。25日(日)の営業時間は次のとおり。
 イオンモール 正午〜午後10時。24日(土)は午後9時に閉店
 グランドインドネシア 正午〜午後10時
 スナヤンシティ 正午〜午後10時
 ガンダリアシティ 午前11時〜午後10時
 ポンドックインダ1&2 正午〜午後10時

■医療機関

◆共愛メディカルサービス
 ジャカルタ、EJIP、カラワン、KIICは23日(金)〜27日(火)休診。バリは通常診療
◆J―クリニック(ポンドックインダ病院内) 24日(土)午前8時〜午後0時半の短縮診療。25日(日)、26日(月)休診。27日(火)午前8時〜午後0時半の短縮診療
◆ユニット・ジャパン(スマンギとリッポーチカランのシロアム病院内) 24日(土)〜26日(月)休診。
27日(火)午前8時〜午後0時半の短縮診療
◆SOSメディカクリニック クニンガンは25日(日)、26日(月)休診。チプテ、バリは通常診療
◆タケノコ診療所 スディルマン、ポンドックインダ、チカラン、バリの総合診療科は通常診療、歯科のみ23日(金)〜28日(水)休診。カラワンは24日(土)〜26日(月)休診
◆カイコウカイクリニックスナヤン 24日(土)〜7月2日(日)休診

■交通手段

◆TJは午前9時から
 首都圏専用バス「トランスジャカルタ(TJ)」は25日、通常の運行時間より4時間遅い午前9時から午後11時までの運行になる。一方、観光地を通る路線では26日〜7月2日、バスの運行台数を通常より増やす。 
 南ジャカルタのブロックM〜西ジャカルタのコタ間を走る第1番路線は、通常の週末の運行台数よりも10台多い45台を運行させる。北ジャカルタのアンチョール〜東ジャカルタのカンプン・ムラユ間(第5路線)は7台追加し26台。南ジャカルタのドゥク・アタス2〜南ジャカルタのラグナン間(第6路線)も7台追加し、32台で運行する。
◆オンライン配車
 レバラン中は運転手の帰省などで捕まりにくくなるタクシー。「グラブ」や「ゴジェック」などのオンライン配車サービスが役に立ちそうだ。
 配車には、衛星利用測位システム(GPS)機能を使い、近くにいる運転手を呼ぶ。事前にクレジット・カード番号を登録しておけばオンライン決算が可能。予約時に行き先までの大まかな金額も分かるため、メーターを気にする必要もない。また、配車サービスに加え、料理や買い物の宅配サービスも提供する。
 ゴジェックアプリ上にはタクシー大手のブルーバードを呼ぶ専用のアイコンも設定されている。

■大使館

 24日(土)〜28日(水)休館

■JJC

 ジャカルタ・ジャパンクラブ(JJC)は23日(金)〜29日(木)休館

レバラン前、買い物客でにぎわう中央ジャカルタの伝統市場パサール・バル=23日、アンタラ通信
レバラン前、買い物客でにぎわう中央ジャカルタの伝統市場パサール・バル=23日、アンタラ通信

このカテゴリの最新記事

本日のニュース一覧