ジョコウィ、新たな希望 新大統領誕生に沸いた日 (2014年10月27日)

Share (facebook)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 ジョコ・ウィドド氏(通称ジョコウィ)が20日、第7代大統領に就任した。初の庶民出身者の大統領の誕生に、インドネシア国中が熱気に包まれた。
 大統領就任式後の正午すぎから、歴代大統領では初となる祝賀パレードが行われた。中央ジャカルタの国民協議会(MPR)〜大統領宮殿(イスタナ)間の目抜き通りやホテル・インドネシア(HI)前ロータリー沿道には新大統領を一目見ようとするたくさんの人々で埋め尽くされた。大歓声の中をジョコウィ大統領とユスフ・カラ副大統領を乗せた馬車がゆっくりと進んだ。
 中央ジャカルタの独立記念塔(モナス)のムルデカ広場でも祝賀イベント「ペスタ・ラクヤット(国民の祭典)」が開催。午後6時ごろには特設ステージにジョコウィ氏が登場した。ライトアップされたモナスの下、「国を繁栄させるために、みんなと力を合わせたい」とジョコウィ氏が呼びかけると、観衆は声援で答えた。
 インドネシアの新たな歴史が始まった1日の様子を写真で追った。(山本康行)

パレードでジョコウィ、カラ両氏を乗せた馬車に続き登場した巨大国旗=午後4時22分、中央ジャカルタ・タムリン通り、田村隼哉写す
パレードでジョコウィ、カラ両氏を乗せた馬車に続き登場した巨大国旗=午後4時22分、中央ジャカルタ・タムリン通り、田村隼哉写す
パレードを終え、大統領として初めてイスタナに足を踏み入れたジョコウィ氏(左)とカラ氏=20日午後2時20分、中央ジャカルタのイスタナ、道下健弘写す
パレードを終え、大統領として初めてイスタナに足を踏み入れたジョコウィ氏(左)とカラ氏=20日午後2時20分、中央ジャカルタのイスタナ、道下健弘写す

パプアの伝統衣装を身に付けた親子がパレードに参加した=20日午後11時20分、中央ジャカルタ・タムリン通り、山本康行写す
パプアの伝統衣装を身に付けた親子がパレードに参加した=20日午後11時20分、中央ジャカルタ・タムリン通り、山本康行写す
独立記念塔(モナス)広場で開かれたイベントにジョコウィ氏が登場。国民の歓声に応えた=20日夜、中央ジャカルタ、アンタラ通信
独立記念塔(モナス)広場で開かれたイベントにジョコウィ氏が登場。国民の歓声に応えた=20日夜、中央ジャカルタ、アンタラ通信

音楽隊の行進。トランペットの音色が響き渡った=20日午後0時1分、中央ジャカルタ・ホテルインドネシア(HI)前ロータリー、山本康行写す
音楽隊の行進。トランペットの音色が響き渡った=20日午後0時1分、中央ジャカルタ・ホテルインドネシア(HI)前ロータリー、山本康行写す
パレードが通った憲法裁判所前のメダンムルデカ・バラット通りには足の長いピエロも現れ、お祭り気分を盛り上げた=20日午後0時6分、中央ジャカルタ、道下健弘写す
パレードが通った憲法裁判所前のメダンムルデカ・バラット通りには足の長いピエロも現れ、お祭り気分を盛り上げた=20日午後0時6分、中央ジャカルタ、道下健弘写す

ジョコウィ氏を待つ間、同氏のお面を付けた自分の顔を、上機嫌にスマホのカメラでパシャリ。=20日午後0時15分、中央ジャカルタ・タムリン通り、山本康行写す
ジョコウィ氏を待つ間、同氏のお面を付けた自分の顔を、上機嫌にスマホのカメラでパシャリ。=20日午後0時15分、中央ジャカルタ・タムリン通り、山本康行写す

このカテゴリの最新記事

本日のニュース一覧