大統領選、街の表情 「インドネシアは一つ」 2億4千万人の未来託した一票  (2014年07月10日)

Share (facebook)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 大統領選の熱気に包まれた9日の首都ジャカルタ。約1億8千万人の有権者が票を投じ今後5年間の国のかじ取り役を選んだ。紫色に染まる指に未来を託した一票。ジョコウイ氏かプラボウォ氏か、勝敗の結果を見守る街の表情を写真で追った。(阿部敬一、月岡亜梨沙、西村百合恵)

投票を終えて不正防止用の紫色のインクに指を染めた女性=午前11時ごろ、中央ジャカルタ・ハルモニ
投票を終えて不正防止用の紫色のインクに指を染めた女性=午前11時ごろ、中央ジャカルタ・ハルモニ
道行く車に勝利をアピールするジョコウイ支持者=午後4時ごろ、中央ジャカルタのホテル・インドネシア前ロータリー
道行く車に勝利をアピールするジョコウイ支持者=午後4時ごろ、中央ジャカルタのホテル・インドネシア前ロータリー

係員から渡された投票用紙を手にする男性=午前10時ごろ、中央ジャカルタのタナアバン
係員から渡された投票用紙を手にする男性=午前10時ごろ、中央ジャカルタのタナアバン
初めて選挙に訪れた女性。念入りに自分の投票用紙を確認していた=午前9時ごろ、中央ジャカルタ・クボンカチャン
初めて選挙に訪れた女性。念入りに自分の投票用紙を確認していた=午前9時ごろ、中央ジャカルタ・クボンカチャン

ジョコウィ氏の勝利宣言に沸く支援者ら=午後5時ごろ、中央ジャカルタ・スディルマン通り南端の青年の像前ロータリー
ジョコウィ氏の勝利宣言に沸く支援者ら=午後5時ごろ、中央ジャカルタ・スディルマン通り南端の青年の像前ロータリー
いつもは車とオートバイでびっしりと埋まるタムリン通リも、朝は渋滞もなかった=午前9時半ごろ、中央ジャカルタのワヒドハシム通リとの交差点
いつもは車とオートバイでびっしりと埋まるタムリン通リも、朝は渋滞もなかった=午前9時半ごろ、中央ジャカルタのワヒドハシム通リとの交差点

美容室の主人と客もテレビの選挙放送に興味津々=午前10時15分、中央ジャカルタのタナアバン
美容室の主人と客もテレビの選挙放送に興味津々=午前10時15分、中央ジャカルタのタナアバン
三菱東京UFJ銀行ジャカルタ支店では日イ行員が選挙の行方を注目していた=午後3時、中央ジャカルタのミッドプラザ
三菱東京UFJ銀行ジャカルタ支店では日イ行員が選挙の行方を注目していた=午後3時、中央ジャカルタのミッドプラザ

このカテゴリの最新記事

本日のニュース一覧