6種目で金メダル インドネシアから世界狙う フィギュアスケーター辻さん (2013年05月14日)

Share (facebook)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 西ジャカルタのショッピングモール「タマン・アングレック」内のスケート場「スカイリンク・ジャカルタ」で先月27日から29日まで3日間、フィギュアスケート大会「スケート・ジャカルタ」が開かれ、インドネシア人280人が練習の成果を披露した。邦人では、ジャカルタ・インターナショナル・スクールに通う辻えりささん(15)が6種目に出場し、全種目で金メダルを獲得した。
 冬季オリンピックなど主要な世界大会はショート・プログラムやフリー・スケーティングで得点を競うが、同大会は異なる採点形式を採用。演技の芸術性を競う「アーティスティック」、技の完成度を競う「ジャンプ・アンド・スピン」などユニークな種目が並び、選手は年齢や技術水準別に出場した。
 ドイツ生まれの辻さんはフィギュアスケート歴8年。父親の駐在に伴い昨年来イ。週4回、各2時間前後の練習に打ち込んできた。スケートリンク自体の数も少ないため、練習環境に恵まれているとはいえず、一般スケート客に混じって練習することもしばしばだという。
 好成績を残した辻さんは「会場の人が皆応援してくれたので、楽しく演技できた」と話す。将来は世界大会を視野に入れ、より高い水準の大会に出場していきたいと抱負を語った。

金メダルを掛け、表彰台で記念撮影する辻さん
金メダルを掛け、表彰台で記念撮影する辻さん

このカテゴリの最新記事

本日のニュース一覧